30年後を見据えて、無駄を減らしコツコツ節約!

ウェルスナビの積立投資をはじめてみた!ほったらかしで出来る資産運用!

こんにちは、投資初心者のなべ(@naveblog)です。

以前かいた記事

>僕が複業家になろうとした理由< に書きましたが、

最近、投資に興味をもちウェルスナビという

ロボアドバイザーによる国際分散投資を全自動で行ってくれる

積立投資をはじめました。

僕みたいな投資がはじめてでも簡単に始められるので

これを機に「積立投資やってみようかな?」というあなたのために

ウェルスナビがどんなサービスかをご紹介します!

とっても簡単なのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

投資なんてするお金ないよ!っていう方は、

今の収入のまま投資用の余剰資金を作るために下記記事おすすめです。

▼【まだ間に合う】将来にむけて貯金する方法

ウェルスナビ(WealthNavi)ってなに?

ウェルスナビとは、ロボアドバイザーを利用した

国際分散投資をAIにお任せ(丸投げ)する積立投資です。

預かり資産は400億円を突破し預り資産とユーザー数ともに、

国内No.1のロボアドバイザーです。

僕らがやることは初期投資額を決め、月々の積立金額を指定するだけ。

あとは毎月自動で積立金額分ウェルスナビが

あなたの診断結果にあったETF(金融商品)を選んで購入してくれます。

本来はあるていど期間がたつとリバランスという投資している

金融商品のバランスを見直さないといけないのですが、

これもウェルスナビは自動で行ってくれます。

実際に証券会社などで投資をしようと思うと

手数料が高かったり、担当者との打ち合わせが面倒らしいですが、

ウェルスナビでは余計な手数料がかかったり、誰かと面談したり、

一切ないのでとても楽にはじめられます。

手数料が明確

ぼくが数あるロボアドバイザーのなかで

ウェルスナビをおすすめ理由の1つが

はっきりとした手数料設定です。

  1. 初期投資額(最低300,000円~)
  2. 月々の積立額(最低10,000円~)
  3. 年間1%の手数料(3,000万円以上投資した場合0.5%)
  4. ETF経費率0.11~0.14%(投資リスクレベルにより変動)
MEMO
2018/1/1~1/31の間初期投資額10万円ではじめられます

のみかかります。

最低額の30万円投資していたら年間約3,000円の手数料だけなので

銀行に眠らせておくよりだいぶマシだと思います。

他にもロボアドバイザーはいくつかありますが、

  1. 入金積立手数料(※)
  2. 為替手数料
  3. 売買委託手数料
  4. 為替スプレッド
  5. リバランス

あたりで手数料を取るところがあります。

ウェルスナビは全て無料なので良心的ですね。

注意
※オンライン入金と自動積立に限る
 銀行振込み時は振り込み手数料がかかります。

積立金はいつでも無料で引き出せる

出金はいつでも出来ます。

銀行よりは時間がかかります(3営業日ほど)が、

出金操作をしてから保有しているETF(金融商品)を売り、

そのお金が銀行に振り込まれます。

出金にかかる手数料も無料なので、

引き出しにくい銀行みたいな位置づけだと思って下さい。

どのように出金できますか?

「出金」メニューより出金希望額を指定してください。(一部・全額)
出金依頼された金額に合わせて、保有しているETFを市場で売却します。
(日本、ニューヨーク、どちらかが休日だった場合、翌営業日に売却されます。)
売却代金は通常3営業日後に、お客様が登録された出金先口座へ振込が行われます。
出金予定日は、出金手続きの画面でもご確認いただけます。
なお、出金の依頼はいつでも可能です。

 

出金には手数料がかかりますか?

出金にかかる手数料は無料です。

いつでも解約可能

積立投資って1度はじめたらやめられないんじゃ・・・?

僕もそう思ってました。

ウェルスナビはいつでもやめることが出来ます。

解約に伴う手数料もありません。

運用はいつでもやめることができるのでしょうか?

WealthNaviの口座から資金を全額出金いただくことで、いつでも自動運用をやめることができます。WealthNaviの口座にログインいただき、「出金」メニューより、全額出金依頼をご指定いただくと、保有している全てのETFの売却を行います。
なお、全額出金後、ご入金が全くない期間については、手数料は発生せず、また口座が無効となることもございません。運用再開をご希望のタイミングで、改めてご入金ください。

税金対策もばっちり!

ウェルスナビは特定口座(源泉徴収あり)で取引をすれば、

ウェルスナビ側で税金の計算と納付が行われるため、

あなた自身が確定申告を行う必要はありません。

確定申告は必要ですか?

特定口座(源泉徴収あり)のお取引では、当社にて税金の計算や納付を行いますので原則必要ありません。
特定口座(源泉徴収なし)もしくは一般口座のお取引では、原則、お客様にて確定申告を行っていただく必要があります。
なお、大変恐れ入りますが、確定申告の詳細につきましては、所轄の税務署にご確認をお願いいたします。

また、特定口座、一般口座にかかわらず、ETFの配当は米国内で租税条約に基づいた税率で源泉徴収されており、差し引かれた金額に対して日本国内で課税されています。この二重課税を調整するための外国税額控除を適用されたい場合は確定申告が必要になります。

詳しくはこちらでもご確認ください。

国税庁の外国税額控除の説明ページ
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1240.htm

自動税金最適化(DeTAX)機能までついてる

ロボアドバイザーの中ではウェルスナビのみ自動税金最適化という機能がついています。

分かりやすくいうと、含み損が出ているETFを自動で売却し、

税金の負担を軽くする機能です。

自動税金最適化(DeTAX)

配当やリバランスから生じる税負担が一定額を超えた場合、
含み損を実現させることにより自動的に繰り延べます。

※ 自動税金最適化 (DeTAX) の適用には条件があり、
必ず税を繰り延べることを保証するものではありません。

ちなみに銀行に預けたままだと・・・

あなたは今銀行にいくら貯金がありますか?

その貯金を銀行に預けていると1年でどれほど利息がつくか知っていますか?

僕が今までずっと預金していた京都銀行の金利は

なんと0.001%(変動金利)です。

参照元:京都銀行

実際にこの金利で100万円を1年間預けた場合、

どれくらい利息が付くかというと実は10円くらいなんです・・・。

しかもその10円に税金がかかって3円引かれて7円だけ。

参照元:MONMEYit

この金額を見るとガックリしませんか?

もし銀行で眠らせているお金があるならぜひウェルスナビをはじめることを

おすすめします。

ウェルスナビ(WealthNavi)の注意点

これはウェルスナビだけに限らず投資全般に言えることですが、

  1. 100%利益がでます
  2. 絶対に〇〇円儲かります

みたいなウマイ話はありません。

もちろん、元本割れ(投資金額を下回る)もあります。

これが絶対に嫌な方は銀行で貯金しておく方がいいと思います。

もう1つの注意点は、やりはじめようと思っても口座開設から本人確認まで

少し時間(通常2~3日)がかかるくらいだと思います。

ウェルスナビ(WealthNavi)まとめ

いかがでしたでしょうか?

投資をやったことがないあなたでも簡単かつ低リスクで

積立投資が始められるウェルスナビ興味がわきましたか?

ウェルスナビは、

  • 預かり資産、ユーザー数ともに国内No.1
  • 初期投資額(30万)と月々の積み立て(1万~)からスタート可能
  • 手数料は年間約1%のみ
  • いつでも引き出しできる(2~3営業日かかる)
  • いつでも解約できる
  • 税金もウェルスナビ側で対応
  • ロボアドバイザーで唯一DeTAX(節税対策)がある

2018/1/1~2018/1/31は初期投資額が30万円からのところが、

10万円からスタートできます。

銀行にお金を眠らせているかたはぜひウェルスナビ始めてみてください!

ウェルスナビの登録方法はこちらのブログで紹介しています。
▼簡単に出来る積立投資、ウェルスナビ(WealthNavi)の登録方法とは?▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください