30年後を見据えて、無駄を減らしコツコツ節約!

ADKを知るうえで重要となる「タックスヘイブン」とは?

こんにちは、なべです。

これを読んでいるあなたはADKホルダーですね?

いいですよねぇ…ADK。

いいですよねぇ…ADK。

いいですよねぇ…ADK。

じゃあここで質問。ADKの特徴は?

ナベ

iMesh技術を使っていて、

匿名性があって、

発行枚数が少なくて、

オフショア銀行市場の3,300兆円を狙っていて…

じゃあ、ADKが狙うオフショア銀行については知ってる?

ナベ

・・・・・・・

という事で、ADKの特徴を理解していても、

意外とADKが狙っている市場の事がよく分からない方って多いと思います。

僕自身もADKのプロダクトを調べるまで聞いた事がない単語だらけでした。

今回はADKが狙うオフショア銀行市場を知る上で重要となる

タックスヘイブン(Tax-Haven)について一緒に勉強しましょう!

タックスヘイブン(Tax-Haven)ってなに?

タックスヘイブンとは税金が完全に免除されたり、税金が極めて少ない租税回避地をさします。

世界各国に約40近くも存在しており、有名なところは最近話題になったパナマ文書でおなじみのパナマ、イギリス領ケイマン諸島などがあります。

MEMO
タックスヘイブンのヘイブン(Haven)は、天国ではなく、避難所という意味です
でも税金が0になるなんて、まさに天国やなぁ…

ナベ

タックスヘイブンはどんな使われ方をしているの?

タックスヘイブンが租税回避地なのは分かったけど、どういう使われ方をしているの?
それじゃあ次にタックスヘイブンがどのように使われているか説明するね

ナベ

タックスヘイブンは租税回避地と言われるだけあり、税金が0または極めて少ないので節税対策に利用されます。

例えば、日本でいうと企業の売上から法人税として30%弱納税しなければなりません。

これをタックスヘイブンにある子会社へ資金を投資する事で税金が限りなく小さくなります

注意
日本は経済協力開発機構(OECD)により出来ません

タックスヘイブンには会社がいっぱいあるってこと?

それじゃタックスヘイブンは節税をしたい会社がいっぱい建っているってことなの?
実はタックスヘイブンには実際の会社はほとんど建っていないんだよ。

次はその実態について説明するね。

ナベ

ペーパーカンパニーという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

文字通りペーパー(紙)のカンパニー(会社)です。

つまり実態のない会社ということですね。

タックスヘイブンにはペーパーカンパニーが多数存在しており、

企業の売上の一部がタックスヘイブンにあるペーパーカンパニーに置かれています。

これにより企業は売上の一部を租税回避できるという仕組みになっています。

MEMO
タックスヘイブンであるケイマン諸島には

5階建てのビルに2万社近い会社が登記をしているそうです…

タックスヘイブンは合法なの?違法なの?

実態のない会社を作って租税回避するって違法じゃないの?
ここは勘違いされがちだけど説明するね

ナベ

タックスヘイブンの仕組みを聞くと本来納める税金を租税回避しているので違法のように思えますよね。

ここで大事なのが実在する会社(ペーパーカンパニーではない)があって、

実際に取引があるかないかが重要になってきます。

もちろん実在する会社で取引が行われていれば何も問題はありません、合法です。

なので、ADKが狙うオフショア市場も全て合法ですね。

要は使い方次第で合法にも違法にもなるという事やな!

ナベ

ハサミで人を傷つけたからハサミは悪だ!犯罪の道具だ!というのと一緒ね

なぜ合法か違法かすぐに調べないのか?

でも、そんなに合法か違法か気になるならすぐに調べたらいいじゃない
実はタックスヘイブンにはもう1つの大きな特徴があって中々調べられないんだよ

ナベ

タックスヘイブンには「秘密保持」という鉄の掟があり、

外国企業の情報を開示しないという法律が設けられている場所がほとんどです。

以前、問題になったパナマ文書はこの秘密保持していたタックスヘイブンの情報が流出し、タックスヘイブンを利用していた会社や著名人が違法なんじゃないか!?と騒がれましたね。

MEMO
ちなみにパナマ文書は文書といいつつ、書類やパソコンのデータ、音声ファイルなど色々なものを総称して呼んでいるそうです

タックスヘイブンを持つ国や地域のメリットは?

そもそも

なぜタックスヘイブン自体がなくならないの?

次はタックスヘイブンを持つ国や地域のメリットについて説明するね

ナベ

タックスヘイブンと呼ばれる国や地域はもともと小さい面積しかない場所が多数で、

自国の産業で利益を得ることがむずかしい状態にあります。

そこで、外資の力を借りるという手段をとるのですが、

目立った産業がないのでなかなか融資を受けることができません。

そこで、タックスヘイブンの特徴でもある税制を他国の企業に利用してもらうという方法を取っています。

タックスヘイブンの中には所得税や法人税、キャピタルゲインまで非課税になる場所があり企業からすると大幅な節税が可能です。

その代わりにタックスヘイブン側は企業に登記代などをもらいます。

タックスヘイブンと企業のwin-winの関係ですね。

つまり、タックスヘイブンを規制するということはこの国や地域の収入源を奪うという事に繋がるため規制がし辛いということですね。

タックスヘイブンまとめ

いかがでしたでしょうか?

タックスヘイブンの序盤中の序盤の説明でしたが、

タックスヘイブンがいかに大企業にとって大事なものか理解できましたでしょうか?

ADKが狙っているオフショア市場はこのタックスヘイブンにある銀行を相手にしています。

今後もっと掘り下げてオフショア銀行についても随時調べていきますので一緒に勉強していきましょうね。

もし、この記事を読んで「こんな凄いところを相手にする仮想通貨なんてあるの?」と

興味を持たれた方はADKホルダーさんの記事を読んでみて下さい。

僕がいつも参考にしている記事をいくつか紹介しておきます。

あどまんさんの記事

僕とほとんど同じ時期にADKを購入されて凄い勢いで記事をかかれてます。

ADKの特徴から買い方までしっかりとまとめられているので一通り読めばこれであなたもADKホルダー!

ADK(Aidos kuneen)についての記事を選定。これを読めば一気に分かる。

Yusui Hironoさんの記事

毎週月曜に前週起こったADKニュースをわかりやすくまとめてくださっています。

Telegramなど英語を追うのが苦手なあなたもこの記事さえ毎週チェックすればADKのニュースを拾い忘れる事はないですよ!

週間ADK(カテゴリーのリンク先を貼っています)

SKRさんの記事

Telegramの重要な発言を翻訳してまとめてくださっています!

Twitterで翻訳した内容をあげてくださるのでフォローすると情報はバッチリ収集できます!

いつかは気まま生活($ADK)

情報アカさん

情報アカさんは実際にADKの創始者であるドンにもあったことがある方です。

いつも重要な情報をツイートして下さいます。

ADKホルダーなら必ずフォローして情報をチェックしましょう!

情報アカさんのTwitterアカウント

注意
本やネット、Youtube等で情報を整理し集めながら記事を書きましたが、

誤った情報などありましたら、お手数おかけしますがご連絡下さい。

すぐに修正致します。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください