30年後を見据えて、無駄を減らしコツコツ節約!

TポイントでもOK|災害時に被災地や被災者を支援する方法まとめ

yahoo募金

災害時に被災地や被災者支援をしたいけど、募金箱以外に方法が分からない。

銀行振り込みなどは行く時間がない。という方も多いと思います。

僕は2018年7月に起きた西日本豪雨災害時にTwitter上で様々な寄付の方法が紹介されていることを知り、TポイントやLINEポイントで寄付が出来る事を知りました。

この記事では、あまり知られていない寄付の方法をまとめます。

自分にあった方法で寄付をご検討下さいね。

yahooネット募金

yahoo募金

Yahooネット募金での寄付のポイントは以下の通り。

yahoo募金でのポイント
  • Tポイントでの寄付が可能
  • クレジットカードでの寄付が可能(Visa、Master Card、JCB、American)
  • Yahoo!JAPANのIDが必要

Yahoo募金で寄付する!

楽天ポイント募金

楽天募金

楽天ポイント募金での寄付のポイントは以下の通り。

楽天ポイント募金でのポイント
  • 楽天スーパーポイントでの寄付が可能
  • クレジットカードでの寄付が可能(楽天カード、Visa、Master Card)
  • 楽天ポイントで寄付する場合、楽天会員になる必要あり

楽天ポイント募金で寄付する!

LINEポイント・LINE Pay寄付

LINE募金

 

LINEポイント・LINE Pay寄付でのポイントは以下の通り。

LINEポイント・LINE Pay寄付でのポイント
  • LINEポイントでの寄付が可能
  • LINE Payの場合、諸経費4%引かれた額が寄付される
  • スマートフォンからのみ寄付可能

LINEポイントでの寄付額は、1円/5円/10円/50円/100円/500円/1000円/5000円。

LINE Payでの寄付額は1口300円。

注意
LINE Payでの寄付は、寄付する口数を入力する事

LINE公式ブログから寄付する!

ふるさと納税で寄付

ふるさと納税募金

ふるさと納税での寄付のポイントは以下の通り。

ふるさと納税
  • 1円から寄付可能
  • ふるさと納税の対象となる
  • ふるさとチョイス、または各種SNSでのログインが必要

ふるさと納税で寄付する!

仮想通貨で寄付

仮想通貨募金

仮想通貨での寄付のポイントは以下の通り。

仮想通貨で寄付のポイント
  • 各種取引所で受け付けている場合のみ可能
  • 現時点では、ビットコインのみ
  • 各種取引所のアカウントが必要

仮想通貨界隈自体がまだ不安定な為、一時停止している場合があります。

コインチェックで寄付する!

注意
寄付を謳っての詐欺などもありますので、自信のない方はやめておきましょう

災害時の寄付方法まとめ

本来であれば、このような災害が起こらないのが1番です。

しかし、何かあった時に迅速な対応が求められるのは事実であり、遠方に住んでいる場合、出来る事は限られてしまいます。

千羽鶴を折って被災地へ送ったり、物資を送るのも支援の1つですが、

実際に千羽鶴の処理に時間を取られたり、物資を送っても運路がなく届けられなかったりしています。

そんな時、確実に被災地への助けになる方法としてお金は確実です。

ぜひ皆さん困っている人の為に寄付してみませんか?

同じ日本に住んでいるのですから助け合いましょう。

他にも寄付の手段がありましたら、随時追加しますのでコメントやTwitterのDMを頂ければ追記します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください